トップ>活動案内・記録(サマーアドベンチャーキャンプ)

アドキャンJr.わくわくドキドキ冒険キャンプ のご案内


テーマ:自分にOKを出す!!

8月9日(金)~12日(月祝) 3泊4日

           
場所:長野県八ヶ岳高原「アピの森」

           
募集:小学1年生~ ※本年より低学年より参加できるようリニューアル!

※お申込みは、こちらから!


■コンセプト
このコースは、アクティブな自然体験活動を通して自己発見の場を提供するものである。

■目 的
1.生きていることの価値を発見する
2.自分の価値と人の価値を知る
3.ビジョン(幸福の未来図)を発見していく
4.肯定的な自己宣言をする

■ビジョン
自信と誇りを持って最高の自己宣言をしている姿

■目 標
1. 自然への畏敬と感謝の心を育む
2. 全ての冒険に自ら飛び込み、自分の中にある勇気を確信する
3. 人とのつながりの価値を発見する

サマー・アドベンチャーキャンプ 活動記録


サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。

サマーアドベンチャー(サマーキャンプ)活動写真。


~参加者の声~

中2・GIRL
もうキャンプは5回目で、毎年同じこともやるけれど、1回も同じ気持ちになったことはない。
何回やっても不思議な気持ちになったり、足がガクガクふるえることもある。でもみんながあったかな仲間だからがんばれたと思う。学校のクラスでは、いっぱい一緒に生活しているのに、あったかい仲間だと思えるようになるのは、すごくムズカシイ。なのにこのキャンプの5日間はすごい。5日間で最高の仲間になれる。そして、それはずぅ~っと続く。
私はこれから、日常生活でも人を大切だなぁ、大好きだなぁと思えるようになりたいし、ごく普通に友達のステキなことをいっぱい見つけられるような自分になりたい。

小3・GIRL
エレクトリック・フェンスという実習で、途中やめようと思ってしまったけど、みんなのがんばる姿に励まされて元気が体中にまわってきたよ。私はこのキャンプに出て自分を信じること、勇気を出すことを気付きました。そして自信がもてました。

小6・GIRL
このキャンプは、今まで心の中に閉じこめられていた「心」と「言葉」を出してくれました。自分の夢に向かっている途中でくじけそうになったり、大きな「カベ」が出てきたりしたら、自分で決めてあきらめないでやれば方法がいっぱいみつけられます! このキャンプは最高、感動の連続でした!!

中2・BOY
ある実習で僕は一番はじめにやりました。一番は不安定でした。この実習を通して気持ちが不安定な時でも仲間を信じれば必ずできることを学びました。僕も気持ちが不安定になっている人に手をさしのべ、皆を引っ張って行ける人になりたいと思います。タイムオーバーになったときは、悔しくて涙が出てきてしまいました。でも僕は、この悔しさをバネに日常生活をがんばっていこうと思いました。そしてこのキャンプで、優しさや強さを発見しました。今から来年は何を発見できるか楽しみです。では、また会える日まで…

中2・GIRL
あたしには、抱き上げてくれる仲間、支えてくれるいっぱいの手があって、その手を取ってその手を信じて、これからは、何が あっても生き続け、信じ続ける。みんながいてくれたから、あたしは生きてます。本当に本当にありがとう。気付かなくてごめんね。みんなのこと信じてなかったことごめんね。素直に正直に接することができなかったこと本当にごめんなさい。でも、だからこそ今気付けたの。みんなのおかげです。いっぱい2ごめんね。本当にいっぱい2 ありがとう 。みんな大スキ。

中3・BOY
ある実習では僕だけ成功できず仕方なく終了した。終わった時は、悔しさであふれていたけど、それと同時に責任の重大さも知った。いつもは、ここで引きずるのが自分の悪いところ。だからこの失敗した悔しさを将来に生かせばいいんだ。だからこの先を思い、僕の契約は「自分で決めたことに責任をもつ男」。毎回、違う体験、そして成長!!


Try Fieldキッズロゴ



お問い合せ・連絡先

NPO法人 Try Field

〒169-0075
東京都新宿区高田馬場3-35-14
  電 話:03-3362-2662
  FAX:03-3362-2702
  メールはここをクリック